子供の成長

子供は少しずつ言葉を覚えていくことになります。言葉は思考の原点でもあり、言葉を知らなければ自分で考えることもできません。コミュニケーションをしっかりと取ること、言葉を正しく使えるように教育することも、幼児教育では欠かせません。子は親に似るとはよく言ったものですが、親が使用している言葉使いはそのまま子供の語彙へと反映され、培われた語彙によって思考するからこそ、悪い言葉や悪い表現ばかりを使い過ぎてしまうと、子供の未来を悪化させてしまう可能性が高まります。

小学校へと入学すれば、学習することがメインの生活になります。幼児教育の段階で言葉をたくさん覚えておかないと、入学後の勉強に追い付いていけないことにもつながります。知らない言葉だらけで、先生が何を言っているのか理解できないとなれば、とたんに勉強がつまらなくなり、勉強への意欲が減退してしまう。負の連鎖に陥ってしまう前に、親や周囲の大人が助けてあげるべきであり、大人の子供への接し方は非常に重要になると言えるのです。人は言葉でものを考える、当たり前のことですが、意外と軽視されてしまいがちです。普段から言葉使いには充分に気を付けるようにしていきましょう。

PAGETOP